Aloha Knowledge Vol.1

Vol.1_虹の女神 カハラオプナ

Vol.1_Kahalaopuna 〜 Goddess of Rainbow

執筆 神保滋

 

 ワイキキの山側、H1を越えたハワイ大学の先に、尾根に挟まれたマノアの町があります。町を抜けて森に入ったところに、トレイルがあります。マノアの滝まで歩くトレッキングコースで、出発点の駐車場から滝まで片道30分程度。傾斜はゆるやかでお子さんでも大丈夫。ワイキキから近いので人気のトレイルです。たまにはビーチを離れて森林浴もいいですね。ただ、雨がタウンに比べ多いです。山ですから。道がぬかるんでいることが多いので、トレイルに適した靴を履いていきましょう。ぬかるみは、できれば避けたいところ。汚れますし。でもそのかわり、いいことがあるかもしれません。雨上がりには、虹がよくかかるんです。谷を囲むそれは、まさに虹のゲート。そんな美しい光景に出くわせたら、インスタ映え間違いなしですね。

 

 そんなマノアには、女神伝説があります。女神の名前はカハラオプナ。カハラオプナは虹の女神です。ハワイには日本と同じく八百万の神がいます。この伝説には虹の女神、そしてプエオという守護神が出てきます。プエオはハワイのミミズク。鳥の格好をした神です。さて、その物語ですが、ちょっとせつないんです。

口承伝説なので異なる話のバージョンがありますが、ざっとこんな内容です。

 

 マノアの谷に絶世の美女カハラオプナが住んでいました。カハラオプナの父はカハウカニ、母はトゥアヒネと言いました。カハラオプナには決められた許嫁がいました。カハラオプナは、自分が成長し、許嫁に初めて会う日を楽しみにしていました。それは許嫁も同じでした。しかし、彼は異常に嫉妬深い男でした。

 あるとき、許嫁が波乗りをしているとき、他のサーファーがカハラオプナと遊んだと自慢しているのを聞いてしまいます。それは真っ赤な嘘だったのですが、真に受けた許嫁は、カハラオプナに罰を与えるために、マノアの谷に向かいます。そしてカハラオプナを見つけると、棍棒で殴り殺してしまいます。でも、カハラオプナは、守護神プエオの力で蘇ります。それを知った許嫁は再び殺しに行き、またプエオが蘇らして、また殺して蘇らせて……ということを6回繰り返します。

 7回目に、もう蘇らせまいと許嫁は死んだカハラオプナを土に埋め、その上に大きな岩を置きます。岩があるとプエオは蘇らすことはできません。鳥ですから、さすがに動かせないんです。それを、ある若者がどかしてくれたお陰で、カハラオプナは無事7度目の復活をします。

 ここにきて事件が明るみになり、許嫁とカハラオプナは裁きの場に出されます。そして、サーファーの嘘を真に受けた事実が判明して、許嫁は有罪となり死刑になります。一方、カハラオプナは岩をどかしてくれた若者と結婚したのでした。めでたしめでたし……とは残念ながらいきませんでした。

 ビーチにひとり遊びに行ったカハラオプナは二度と戻ってきませんでした。死んでサメに化身した許嫁が、カハラオプナを海にさらってしまったのでした。しかし、彼女の魂はマノアにかかる虹となりました。そして、父はマノアに吹く風、母はマノアに降る雨となり、マノアの人々を守り続けているのです。

 

 いかがでしたでしょうか。カハラオプナは死して女神になったわけですね。ハワイではひとが亡くなると、その魂は家族を守る守護神、アウマクアになると言われています。そのとき、魂は植物や生き物などに化身します。プエオのように鳥になって、その中に魂が宿るんですね。そして家族を見守ります。プエオはきっとカハラオプナのご先祖さまだったのでしょう。魂は自然界の現象に化身することもあります。カハラオプナは虹に姿を変えました。そして、マノアの人々を守るアウマクアになりました。

 

 さて、マノアのハワイアンソングはとても多く、カハラオプナをテーマにした歌もいくつかあります。今回はそのひとつ「レイ・アナ・オ・マーノア・イ・カ・ナニ・オ・ナー・プア」の対訳を載せましょう。アアロン・サラーがレコーディングをしてヒット。2005年の発表ですが、いまなおフラダンサーに人気の歌です。マノアですが、長母音のカハコーがつくため、正確にはマーノアと発音します。

 

対訳

 

レイ・アナ・オ・マーノア・イ・カ・ナニ・オ・ナー・プア

Lei Ana ʻO Mānoa I Ka Nani O Nā Pua 

by Frank Kawaikapuokalani Hewett

 

レイをまとうマーノア  美しい花々で

カハラオプナに愛を込めて

荘厳なマーノアで花ひらくレフア

守られながら 多くの神々に

名だたる美しさ 愛されるあなた

マーノアの美しいひと 大切な

 

吹いてくる コロプアの風が

漂う香りは私が愛するひとの

ここでふたりは雨に包まれる

トゥアヒネの雨が降る レフアのつぼみに

名だたる美しさ 愛されるあなた

マーノアの美しいひと 大切な

 

レフア 愛する花が山をいろどる

かけがえのないレイ  胸に抱いて

この歌は愛するレフアのために

カハラオプナに愛を込めて

名だたる美しさ 愛されるあなた

マーノアの美しいひと 大切な

Lei Ana ʻO Mānoa I Ka Nani O Nā Puana Frank K. Hewett