Aloha Knowledge_Vol.1

Vol.1_Oʻlelo Hawaii– よみがえる母国語

5/5/2019

Written  by  Leila Leihuluonalani Fernandez

執筆 レイラ レイフルオナラニ フェルナンデス

日本語訳 松村 めぐみ

日本語訳

1987年4月 ジョン ヘッカソン氏(John Heckathorn *1)がホノルルマガジンに下記の記事を発表しました。

 

“ハワイ語は今絶滅の危機に瀕している。ハワイ語を話せる人口は島々合わせ約二千人程度しかおらず、その多くが高齢者である。言語が生き残るためには継続的に子供たちの世代に教えていかなければいけない。しかしながら現在5歳以下でハワイ語を使用している子供たちはニイハウ島に住む一部のコミュニティーの子供達30人余りに過ぎない。”

言語が消えてしまうという事は、ハワイ人としての思考も同時に消滅していくという事です。言語無くしてはハワイ民族の血を持ちながらも、文化やアイデンティティーは私たちの中から薄れていきやがては本当のハワイ人ではなくなってしまいます。

 

今日、イマ―ジョンスクール(英語・ハワイ語両方を使用するバイリンガル小、中、高校)を中心とした文化復興運動の盛り上がりの中、子供たちはハワイ語を話せる新たな世代として育ってきています。Punana Leo (声の巣箱)学園は幼稚部からクラスでハワイ語を使用する最初の学校として開設され、現在ではハワイ全土に数多くのバイリンガルスクールが存在する状況となりました。

 

バイリンガルスクールに行く子供を持つMakua(両親)は子供と共にハワイ語を学ぶことを要求されます。学校側は通常両親や祖父母のための語学クラスを無料で開催し、日常的に家庭内でもハワイ語を使用することが期待されています。

 

私の娘、‘Iwalani Hanako Kauionalanimaikakuppunaakealohakeakua Matthews イワラニ(5歳)は昨年までPunana Leo Koolau Poko 校に通い、現在は兄のJoshua Kealakaiokalani Daniel Matthews アラカイ(9歳)と共にオアフ島東部カネオヘにあるKe Kula O Samuel Kamakauという学校に通っています。

 

子供たちが校庭で毎朝、緑生い茂る島の山々に向かってオリを唱える様子はまさに“鳥肌”ものです。校内で友達同士がハワイ語で話し遊ぶ様子はこの上なく美しく、それを見るたびに私は自分たちの母国語―ハワイ語が奪われてから100年余、今この子供達の世代になってやっと還ってきたことを思い、涙が溢れてくるのです。絶滅寸前にあったハワイ語をここまでつなげ、復活させるには多くの人々のたゆみない努力がありました。そのすべての方々に深く感謝の気持ちが湧くのです。

 

ハワイの学校は他のアメリカの公立高校とはやや異なったシステムで運営されています。ハワイの伝統と習慣を深く取り入れた学習内容で構成されており、子供たちは月に一度、Malamaaina(島の世話をする)ためのHuakai(遠足)に出ます。タロイモ畑で働いたり、森の生態系を体験したり、または海での航海術等を学びます。これらの活動を通して自分たちがハワイ民族が何者でどこから来たのかを感じ取っていくのです。このHuakaiは希望する家族はだれでも一緒に行くことが出来ます。一つの大きなオハナとして共にハワイの全てを学び成長していくことを目的としているのです。

 

このハワイ文化復興の流れの中、我々クムフラそしてHaumana(フラを学ぶすべての生徒)は、ハワイ文化そしてハワイ語をこれから永続させていくための大きなKuleana (責任)の一端を担っていると感じます。

 

私が最初にハワイ語を勉強し始めたころ、辞書を片手に単語をノートに書き込みその意味をそれぞれ隣に書き添えていくという作業をしていましたが。。。これはお勧めできません! 一つの英単語に対して複数のハワイ語が存在すると同時に、たった一つのハワイ単語が英語では一言では言い表せない多くの意味を持つことが多々あるからです。このハワイ語の多重性が学ぶ側にとっては一番頭を悩ませることとなるように思います。例えば「雨」には一番よく使われている“ka ua” 以外に200通りもの違う言い方があると言われています。文法も意味合いによっては複雑になります。先ずは信頼できる教材を見つけることはとっても大切な要素の一部だと感じます。

 

フラを学ぶ上で一番大切なものはチャント、歌(メレ)、詩です。これらの“言葉“通して、言語をを学び、歴史、伝説、ハワイの血筋そしてフラとは何かを学び伝えていきます。そのためカヒコは世代から世代へ、歴史を伝えるツールとして変わることなく代々受け継がれてきました。かつてハワイの一般の人々は殆ど読み書きの出来ない状況でしたので、多くがこのような口承で伝えられました。そのため、正確に聞きとり、正確に暗唱することが非常に重要となります。悲しいことに近年の歴史によりハワイでは多くのものが失われてしまいました。ですから私たちはせめて現在残っているものを正確に次の世代に伝えていくことが重要な使命であると思えます。

 

最近はハワイ語のコンテストというものが各地で開かれるようになってきました。スピーチ、暗唱、歌、チャントそして書き取りの種目があります。またフラダンス競技会ではミュージックバンドとダンサーのハワイ語のみを審査する特別審査員が参加することも多くなりました。

 

私が初めて流暢にハワイ語を話す人に巡り合ったのは1988年ワイキキのVoyage Showroom(*ライブ音楽フラショーの殿堂)でした。現在クムフラをしている私のフラブラザーKeoniとハワイ語学校の教諭をしているフラシスターのLilinoeがハワイ語でwala'au(会話)しPule(お祈り)をしていたのです。感銘を受けた私は即ハワイ語を習いたいと思いましたが当時ハワイ語の先生を探すのは容易ではありませんでした。今日状況は様変わりしました。教材、語学学校、語学教師の数は飛躍的に増え学習する環境は身近に揃っています。皆さん、一緒にHolo Imua(前に進みましょう)そしては‘Olelo Hawaii(ハワイ語)を共に学ぶ仲間になりましょう。

 

HAKALAMA SONG

*HAKALAMAはハワイ語のあいうえお)

 

HA KA LA MA NA PA WA A

HE KE LE ME NE PE WE E

HI KI LI MI NI PI WI I

HO KO LO MO NO PO WO O

HU KU LU MU NU PU WU U

A E I O U

 

私自身まだまだハワイ語の学びの旅の途中です。すべての学びがそうであるように、学習とは生涯続くものです。

フラのクムとして、またHaumana (生徒)として何にも代えがたいこの道のりを皆様と共に歩んでいけますことを大変うれしく思っています。

お読み頂きありがとうございました。次回はHula Kahikoとその重要性についてお話ししたいと思います。

 

マハロ

 

レイラ レイフルオナラニ フェルナンデス

フラハラウ オ レイフルオナラニ

 

追記

*1 元ホノルルマガジン編集長 1976年よりハワイ大学英語教授として教鞭をとる。

 

その後ハワイマガジンの編集監修も務め1993-2005まで編集長。2011年没

 

English

 In April of 1987 John Heckathorn wrote in Honollulu Magazine: The Hawaiian language is dangerously close to extinction. 

 

There are only about 2,000 native Hawaiians speakers left on the islands. Most of them elderly.  For a language to stay alive, there has to be a constant supply of young children learning to speak it.  There are only 30 children under the age 5 years old who speak Hawaiian, most of them in the isolated island community of Ni'ihau which remains the last outpost of the language Once you erase the language, you erase the Hawaiian way of thinking. We will still have Hawaiian blood, but without the language, we won't really be Hawaiian.  We'll be cut off from our culture and our identity.  

 

With revitalization programs in the Hawaiian Immersion schools.  Our children of HawaiI have the privilege to be apart of this growing community of Hawaiian speakers.  Punana Leo, Nest of Voices were the first to start an immersion program for preschool age students.  We now have a variety of different Hawaiian Immersion schools on all the main islands from PreK to High School. 

 

When your children attend a Hawaiian Immersion school the Makua, parents are asked to learn the language along with there children.  The schools usually have weekly classes for the Makua, parents or caretaker and kupuna/grandparents at no extra cost.  The idea is to eventually have the whole family speaking the language all the time.

 

My daughter Iwalani Hanako Kauionalanimaikakuppunaakealohakeakua Matthews age 5 previously attended Punana Leo Koolau Poko and now attends along with her brother Joshua Kealakaiokalani Daniel Matthews age 9 the charter immersion school on the Windward side of Kaneohe Oahu called Ke Kula O Samuel Kamakau. 

 

To see and hear the children oli/ chanting every morning at the school towards our beautiful huge lush green mountains is breathtaking.  As we say in Hawaii.  Its chicken skin!  Gives you goose bumps. To also hear the little ones speaking Hawaiian to one another is beautiful.  Makes me cry with joy and proud to know my children are learning the mother tongue of the islands, Hawaiian.  The Hawaiian language was almost lost.  It took a lot of effort from our Hawaiian leaders and elders to bring back the existence of our language.  I personally want to thank each and every person that helped with the renewal.

 

The Hawaiian school system is a little different from other public schools.  We in twine our heritage and culture side by side with learning.  The children go on monthly huakaI, field trips to malama aina, take care of the land  through working in the kalo/taro fields, learning about Hawaiis eco system or ocean navigation.  Through this, it gives the children a better understanding of who they are, where they came from and at the same time still learning the Hawaiian language.  The Makua, parents are always welcome to attend all huakai, field trips because we believe we are one body, one ohana, family moving forward to better educate our kids in all things Hawaiian.

 

With the revitalization of the Hawaiian language, I believe it is important as a Hawaiian in todays society as a kumu hula and haumana of the hula world to know or learn the Hawaiian language.  It is our responsibility - kuleana to perpetuate the language and our culture.  

When I first started learning Hawaiian.  I would open the Hawaiian dictionary and write down in my little booklet words in Hawaiian and match it with the English translation.  I would not suggest this! I quickly learned that there are many different words for one word or one word has multiple meanings. At the beginning stages of learning I wasnt sure which word was correct to use.  This is where the difficult part starts.  Our language has multiple words depending on how you are using it in the sentence structure. Hawaiians have more than 200 words for rain besides the most commonly known word, ka ua. Your sentence pattern or structure might be in correct or in complete.  Learn from a good resource.

 

To Native Hawaiians the MOST IMPORTANT part of learning the Hula is the chants, songs and poems.  Within these songs we gain knowledge and learn the Hawaiian language, history, legends and lineage of Hawaii and its people.  For this reason, the hula kahiko dances are taught from generation to generation. Never changing, always remaining the same. The Hawaiian people did not write or read therefore, this was our way of record keeping. So, it was very crucial to listen and correctly sing and know the songs that were being taught.  Sadly we have lost a lot of our history therefore we must hold strong to what we have and know in order for the next generation to learn it through olelo Hawaii, song and dance.

 

We now have Hawaiian language youth competitions which may consist of speech, memorization, singing, chanting and writing. Some hula competitions have a special judge that judges the band and dancers while singing and chanting.

 

The first time I heard someone speaking Hawaiian fluently was at the Voyage Showroom in Waikiki in 1988.  My hula brother Keoni, a Kumu Hula and my hula sister Lilinoe a Hawaiian Immersion Teacher  would  walaau, talk in Hawaiian and pule, pray in Hawaiian.  I was amazed! I wanted to learn but during that time it was very difficult to find Olelo Hawaii classes. Im happy to say with technology, resources, immersion schools, colleges in Hawaii and independent Olelo Hawaii teachers we have ALL that we need at our finger tips to learn this beautiful language.  Lets holo imua, move forward together as a community and a ohana, family learning Olelo Hawaii.

 

HAKALAMA SONG

HA KA LA MA NA PA WA A

 

HE KE LE ME NE PE WE E

HI KI LI MI NI PI WI I

HO KO LO MO NO PO WO O

HU KU LU MU NU PU WU U

A E I O U

 

I am still on my journey in Olelo Hawaii and like anything else perfection takes a lifetime but if you want to be on the journey of learning the Hawaiian language, it will be worth your time as a kumu hula and/or hanumana.

 

I thank you for reading this article.  My next article will be on Hula Kahiko and the importance of the dance.

 

 

Mahalo,

 

Leila Leihuluonalani Fernandez

Hula Halau O Leihuluonalani